飲む

特徴を知る

テレビや通販でよく見られるグルコサミンは、アミノ酸の一種です。
主に、動物の皮膚や軟骨部分、かにの甲羅やエビに多く含まれている成分の一種です。
実は、このグルコサミンは人間の爪やじん帯、軟骨に含まれており、軟骨細胞の形成を行ってくれます。

膝や肘がスムーズに動くのは、グルコサミンの力があってこそです。
必要なコラーゲンやヒアルロン酸も体内で作られるものです。しかし、加齢によって形成する力が衰えると成分も同時に失われていきます。
そうすると、グルコサミンが減少し、関節の伸び縮みがしづらくなってしまうのです。

グルコサミンサプリの摂取の有効性
グルコサミンの摂取は、加齢で衰えてしまった関節磨り減りを復活させる働きがあります。
服用を続けると、膝をスムーズに回せたり、走ったりすることができてしまいます。
体本体を元気にしたいなら、グルコサミンのサプリ摂取はなくてはならないものです。

関節の働きが弱くなると
関節だけ数えると、140箇所。全体で見ると約250箇所に上り、骨と骨をつなぎ合わせる役目をしています。
可動性は、体全体を動かすもので、支持性と呼ばれる体を支える機能も行います。しかし、加齢が進むと関節を覆っていた軟骨が摩擦や変形によって関節症になってしまい痛みと共に症状が現れてきます。

慢性と急性
関節通には多く分けて、慢性型と急性型があります。一時的に起きる関節痛は主に外傷や感染症で、変形型の場合は、慢性化している可能性が十分に高くなります「。
上記の原因で考えられるのは、加齢や肥満、筋肉の低下などが挙げられます。
当てはまる原因をそのままにしておくと、磨り減った軟骨部分が上手に再生できず、正常に修復することが難しくなります。
厚生労働省の調べでは、日本で1000万人以上に自覚症状があり、潜在中の人が30000万人と言われています。
男女の比率では、男性が全体の50%で女性がそれを上回る80%という結果が出ています。
特に50代から60代の人に多く見られ、80代になるとほぼ100%の人が関節痛を患っていると言われています。

オススメリンク

いつまでも健康でいたいならキューサイのグルコサミンを利用しよう!:はじめてのグルコサミン

カラフルなサプリ

併用して効果アップ

グルコサミンのサプリには、数多くの成分が含まれています。その中でも、特に注目したいのがコンドロイチン…Read more
白いサプリ

副作用について

健康や美容に素晴らしい効果を出してくれるサプリのグルコサミンは、服用時に発生する副作用にも注目したい…Read more
女性

種類を知る

グルコサミンサプリは、幾つかの種類が存在します。以下の種類を知って、サプリ選びの参考にします。大きく…Read more
夫婦

選び方について

グルコサミンサプリの上手な選び方は、まず品質をみていきます。一回服用したからといって直ぐに効果が期待…Read more

関連リンク